マイナス要因を排除して女性ホルモンの分泌を増やす

女性ホルモンの分泌の仕組みは、脳から子宮に信号が送られて生成されます。 何か良い食べ物を食べると分泌が増える、運動をするとよいということはなく、胸を大きくする女性ホルモンの分泌を自力で増やすことは出来なく減らしている要因の排除が一番簡単にできることです。

  • 過度の体重減少
  • 喫煙
  • 不眠
  • ストレス

上記で一番重要なのはダイエットのし過ぎで、ある一定の体重を下回ると人間の身体は危機を感じて子孫を残すどころか自分が重要になり生理が止まるようになっています。 同時に体重を減らすことが女性ホルモンを減らす悪い要因になっているので、生理不順の人は体重を戻すようにしましょう。

喫煙はタバコのニコチンが血流を悪くさせて子宮での、胸を大きくするためのエストロゲン生成の活動を阻害することになります。 また肝臓で女性ホルモンは分解されて消失するのですが、煙草はこの分解の速度を速める働きもあります。

不眠やストレスがあると脳からの指令が正常に伝わらなくなりバストアップにつながる女性ホルモンの生成を鈍らせると言われています。 運動を良くすれば増えるというものではないですが、心身ともに疲れが残らない状態を毎日キープするようにしましょう。

エクオールを持ってないと大豆で女性ホルモンを増やせない

昔から大豆イソフラボンは女性ホルモンを増やすことになり胸を大きくする方法になったり、更年期障害の解消になると言われてきました。 しかし最近になって新事実が分かったのが、一般的には「イソフラボンをそのまま腸から吸収する」「イソフラボンをエクオールに分解して腸から吸収する」の2通りいることが判明しました。 このエクオールというのが女性ホルモンに類似したもので、大豆を食べることで胸が大きくなったりする働きがあります。 エクオールに分解する機能を生まれつき持って人と持ってない人は、日本人では1:1で確率は50%になります。

エクオールに分解できないのに大豆を食べてもおっパイ大きくする方法として意味がないことになるので、自分がどっちのタイプかを検査する自宅キットが名古屋大学の研究により可能になり、女性ホルモンを増やしたい人には事前に調査をすることをお勧めします。


もし上記の検査をしてエクオールを作れるとなると、バストップに向けて女性ホルモンを増やすのに大豆サプリや豆乳が有効になりますが、仮に無いという結果だった場合は食べ物では対策が出来なくなります。 胸を大きくるのに食べ物で頑張っても難しいということです。 胸の大きさに遺伝があるというのは、この分解する力が本当に関係しているのではないかと思います。

エストラーナテープで女性ホルモン補充が出来る

市販はされてなく病院の産婦人科で処方される女性ホルモンを皮膚から吸収する治療法がエストラーナテープというものになります。 病院で貰うには医学的に定められた基準より少ないという検査をしないとならなく、更年期の解消が主な目的なります。 経口の女性ホルモン剤やサプリメントは、多くが肝臓で分解されてしまい全身に行き渡る前に消失してしまいます。 肝臓での消失をしないように皮膚から血液に女性ホルモンを取り入れる発想がエストラーナテープという種類になります。 胸を大きくする目的は美容整形になってしまうのでエストラーナテープを処方してくれるかは難しいところです。

これ以外にもバストアップが目的ではないですが、HRTと呼ばれる女性ホルモンの補充方法は病院での注射が有名です。 2週間に1回産婦人科に通って注射で投与するやり方で重度の更年期障害の治療に用いられます。 自発的に分泌させたり促進させる方法ではなく根本解決ではないですが、間違いなく女性ホルモンを増やすことが出来る方法になります。

ピルを飲んで女性ホルモンが増えるが副作用もある

避妊対策のピルは飲むことで濃度や分泌が増える働きがあります。 太った、胸を大きくすることが出来たという副作用のような口コミはピルの成分が女性ホルモンだからです。

ピルの一番の危険な副作用は、飲み続けることで女性ホルモンを常時増やしていることになり、おっパイを大きくする方法ですが乳癌になる危険性を高めてしまうことです。 乳癌は生理の期間が長い人ほどなりやすく、女性ホルモンのエストロゲンが影響していると言われております。 胸を大きくするのにピルを飲むのは危険なリスクが大きいので控えた方がよいでしょう。

女性ホルモンの増やし方はエクオールの検査をしてから対策を練る

前述したスーパーイソフラボンを生成できるかどうかの検査をすることで、市販のバストアップのサプリメントや食べ物で女性ホルモンを増やせるかどうかが分かります。 もしエクオールを作れないとなると、注射や薬の病院の処方に頼るしか効果がある方法はありません。 特に最近では厚生労働省が乳癌の危険性があるイソフラボンの摂取量の1日の上限を設けてきたので、ドラッグストアや薬局では女性ホルモンを入手することはできないのです。 まずはサプリや大豆などで自分には胸を大きくする効果があるのかどうかチェックしてみるのが良いでしょう。


 胸おっパイを大きくする方法


このページの先頭へ