元AKB48の篠田麻里子さんは週3日で鶏肉鍋で胸を大きくした

身長:167cm
87-57-85
推定 Eカップ

篠田麻里子さんは普通の鶏肉鍋でなく、豆乳にしたりキャベツを沢山入れていたとTwitterや雑誌の取材で答えてました。

右が3年後で2015年時点の写真で明らかに胸の谷間が出来ているのが分かります。 年齢としては26歳→29歳で胸が大きくなったことになるので、相当努力をされたということです。 鶏肉の唐揚げで胸を大きくする方法という話は他にも女優の小池栄子さんやMEGUMIさんがしていますが、鳥のから揚げがバストアップに良いという話が多いなかで鶏肉鍋というのは彼女が唯一です。


MEGUMIさんは鶏レバーで胸を大きくする方法だった

身長:159cm
94-60-86
Hカップ

なんと昔はBカップだったMEGUMIさんは、鶏レバーや鶏肉を多く食べることで胸を大きくすることができたと雑誌やテレビのインタビューで答えてました。 小池栄子さんも「おっパイが大きい女の子は鶏肉の唐揚げが大好き」と公言しているほど、今のアイドルやグラビア業界では鶏肉が効果があるとの情報です。

本当に鶏肉を食べるのは胸を大きくする方法なのか?

このサイトで既に作成して調査した胸を大きくする食べ物のページでは、鶏肉の唐揚げという候補は出てきませんでした。 ランキングとして推奨した基準としては、植物エストロゲンが多く含まれている食品ほどおっパイを大きくする効果があると結論させて頂きました。 他の人の理屈だと高タンパク低カロリー食品だからとバストアップの理屈付けしている人がいますが、成分が高タンパク低カロリー食品なら他にもたくさんあります。 何故、鶏肉が胸を大きくする方法になったのか調べてみました。

アメリカの英語のサイトで胸を大きくする食べ物は何かを調査していたところ、西洋で出回っている情報として効果がある食べ物をピラミッドの三角形にした絵が上記のものです。 1番がフルーツ・野菜で「テストステロン」、2番目が鶏肉で「エストロゲン」と書いてあります。 通常では鶏肉の唐揚げにはエストロゲンが入ってないのに、何故このバストアップの表には堂々と載っているのか日本の畜産農家の見解を調べたら面白いことが出てきました。

山口県の株式会社 秋川牧園さんの鶏から女性ホルモンが大量に見つかったことへの研究発表という内容がありました。 普通では考えられない話ですが、日本では畜産でエストロゲン使用を法律で禁止しているが海外では禁止してない為に、輸入した鶏肉に女性ホルモンが含まれていたとの見解です。
参照元:「海外の鶏肉からの女性ホルモン問題の真相は?」 | 秋川牧園

他にもアメリカでは牛肉にエストロゲンが多くあって国産の600倍の濃度があるという噂もあります。 鶏肉も牛肉も海外の基準だと日本とは異なるので、エストロゲンが多く混ざっているので、胸を大きくする食べ物だとアメリカでは思われているのでしょう。

今まで挙げた、篠田麻里子さんやMEGUMIさんが輸入の鶏肉の唐揚げを食べていたかは不明ですが、もしおっパイを大きくしたいのでしたら、エストロゲンが多い海外の輸入の肉の方が効果はあります。 しかし、悪い反面もありエストロゲンは過剰に摂取すると乳癌の原因の危険性もあるので適量にしておきましょう。

グラビアアイドルが鶏肉で胸が大きくなるは嘘?

20歳を過ぎて急激に胸を大きくするのは、科学的にいうと不可能に近い出来事です。 多くのグラビアアイドルが短期間にバストアップしているのは、本当は不自然であり美容整形のジェルの注射や豊胸手術と疑われても仕方ないと思います。 手術をして美しくなったというと人気が出ないので、鶏肉を食べたとか豆乳を飲んだとか最もらしいことを言っているような気もします。 鶏肉の唐揚げを食べることが胸を大きくする方法として全く効果がない訳ではありませんが、芸能人の場合は結果が重要なので確実な手段を選ぶのが自然かと思います。


 胸おっパイを大きくする方法


このページの先頭へ